| BHAショップ

オイル専科
キャリアオイル
エッセンシャルオイル
ハーブティ
容器・備品
RSS

ティートリーのアロマオイル

 ティートリーのアロマオイルは、アロマテラピーにおいてラベンダーと並んで頻繁に使用される精油です。ティートリーは「万能薬」と呼ばれるほど様々な効果を持っています。また、通常アロマオイルは原液のまま肌につけることはできませんが、ラベンダーとティートリーのみ、少量であれば原液で使用可能で、とても安全なアロマオイルと言えます。ティートリーは少しスパイシーなすっきりとした香りが特徴で、様々なアロマオイルとのブレンドにも適しています。


 ティートリーのアロマオイルの効果としては、まず優れた殺菌力が挙げられます。元々、ティートリーはオーストラリアでは原住民のアポリジニーの間で、怪我の際などの治療薬として使われていたとのこと。ティートリーのアロマオイルを少量塗布することで、ニキビや吹き出物、または水虫や魚の目などのトラブルにも効果を発揮してくれます。また、アロマバスに使用すれば体臭の予防にもなります。


 ティートリーの殺菌力は、ハウスキーピングにも役立てることができます。

まず、ティートリーのアロマオイルをディフューザーなどで室内に香らせておくことで、風邪の予防に役立てることができます。また、消臭作用もありますので、部屋の空気を爽やかにしてくれる働きも期待できます。ティートリーはベルガモットやレモンなどのアロマオイルと相性がよいため、ルームフレグランスとして使用する際には、様々なアロマオイルとのブレンドを楽しみながら、その精油の効果を得ることができますのでおすすめです。ルームフレグランス以外にも、その消臭作用は洗濯の際に数滴垂らして使用するなどの方法でも効果を期待できます。また、タバコの匂い消しとして、レモングラスとティートリーのアロマオイルをブレンドして強めに香らせると、非常に効果がありますので、ぜひお試しください。


 また、気持ちがピリピリと神経質になっている時、ティートリーの香りは心を冷静にしてくれる働きがあります。また、落ち込んだ心を立ち直らせてくれる、リフレッシュさせてくれる効果も期待できます。

ハンカチなどにティートリーのアロマオイルを数滴垂らして香りを楽しむ芳香浴や、入浴の際に使用するのはいかがでしょうか。仕事中のリフレッシュや、1日の疲れを癒す場面でも、大いに役立ってくれるアロマオイルです。


▼ティートリーの効能の例

・殺菌作用

・心を穏やかにしてくれる


関連商品

ページトップへ