| BHAショップ

オイル専科
キャリアオイル
エッセンシャルオイル
ハーブティ
容器・備品
RSS

アロマテラピーの資格

日々の暮らしの中で様々なアロマオイルを楽しむうちに、アロマテラピーの知識をもっと深めたい、またはアロマテラピーの仕事に就きたい、とより深く興味を持たれる方も多いのではないでしょうか。

現在、多くの民間団体がアロマテラピーに関する認定資格試験を実施しています。

基本的にアロマセラピストの仕事は免許制ではないため、国家資格は現時点で存在していません。(アロママッサージに関しては、国家資格が必要となります)


その資格ごとに特徴があるため、アロマテラピーについてどのような知識を学びたいのか、アロマオイルの販売、アロマテラピーの施術など、どのような仕事をしたいのか、などに応じて適切な資格を選ぶ必要が有ります。


例えば、有名な民間団体のひとつであるAEAJ(日本アロマ環境協会)が実施する、AEAJアロマセラピスト資格には、「アロマテラピーアドバイザー」更に上位の資格として「アロマテラピーインストラクター」「アロマセラピスト」があります。

アロマオイルやアロマテラピーに関する知識を身につけたい、アロマオイルの販売の仕事に役立てたいという場合は「アロマテラピーアドバイザー」にて、アロマテラピーの様々な効能など幅広い知識を身につけることができます。こうした知識を人に教えたい、という場合には「アロマテラピーインストラクター」資格が、更にアロマトリートメントやアロマに関するコンサルテーションなど、アロマテラピーのサービスを提供したいという場合は、「アロマセラピスト」資格が適しています。

ちなみに、アロママッサージなど「マッサージ業」を開業したい場合、国家資格である「あんまマッサージ指圧師」の資格が必要となります。難易度は高いですが、アロママッサージを仕事にしたいとお考えの方には、上記のアロマテラピー関連資格と併せて取得されることをおすすめします。


その他、日本アロマコーディネーター協会(JAA)やナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)などの国内の民間団体から、国際アロマセラピスト連盟(IFA)、国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟(IFPA)などの海外の団体まで、様々な団体で認定資格を得ることが可能です。大まかな特徴として、国内の資格はアロマテラピーのリラクゼーション効果を中心として学ぶものが多く、海外の資格にはメディカルアロマテラピーなど、代替医療の一環としてのアロマテラピーを学べるものなどがあります。ご自分の目的に合った資格を選ぶことが大切です。

ページトップへ